今、知らなければいけない「重大な真実」を語るメジャーな人々

 皆様、既に「今、知らなければいけない『重大な真実』を語るメジャーな人々」をお読みになりましたか!?
 書店等に予約した方はお手元に届いているでしょうか?
 「品薄で在庫が無くお届けするまでもう少し時間がかかります」などの返答は一応、要チェックです。
 ですから、たまに街に出かけた際は、書店を覘いて見て下さい。
 本が置かれているのか?
 何処に置かれているのか?
 お客さんの目に触れるところにきちんと置かれているか?
 常識的な対応が為されているか現場できちんと確認することが大事かと思われます。
 ちなみに、去る11月10日(日)に京都で開催され大盛況を博した、ロシア連邦国立芸術アカデミー名誉正会員である五井野正博士の芸術講座「ゴッホの日本文字と、日本の未来の解決は浮世絵の中に?!」にアルプス正本堂が出張販売した際、四条通に面した全国に展開する某有名大型書店をウォッチしたところ、ありました、ありました!!! 本の表紙をお客様に正対させた状態で書架にディスプレイされていました。しかも、数冊並べられていました。
 この世界は「劫」ゆえ、作用と反作用が動的平衡状態を保って拮抗している訳だから、手放しで喜んではいられないのです。隙があれば付け込まれ、無為でいると作為されるのです。やった、やられたを果てしなく繰り返す世界とでも申しましょうか。
 某インターネット書店で本を購入すると、購入した商品に関して「この商品はご期待に添いましたか?(5段階評価)」「ご購入商品をレビューしてください。」とのメールが配信される。
 別に本を購入しなくても、読まなくても、ホームページからメールアドレスとパスワードを打ち込めば誰でもレビュー(書評)が可能です。ただし、内容の妥当性にチェックがかかるようですが…。
 そこで害意ある第三者が故意に悪評を垂れ流す可能性も否定できません。
 ですから、読んで感動した人はその気持ちを素直にレビューして、その想いを正しくフォロワーに届くようにしてみてはいかがでしょうか。
 別に強制でも誰かに頼まれてのお願いでも全くありません、アルプス正本堂主人がふっと京都で思ったことなのです。
 感動した人、良いと思った人はその思いを形にしてみんなに伝えようということなのです。ようは「劫」の世界なのだから。

※【劫】:囲碁で、交互に相手方の一石を取ることができる形。これを反復すると勝負がつかないため、一手以上他に打ったあとでなければ取れない。また、ほとんど無限ともいえるほどの長い時間の単位。具体的な長さは諸説あって一定しない。(「大辞林」三省堂)

 
 あらゆる予言が現実化したベストセラー小説
 『七次元よりの使者』の五井野博士が帰ってきた!
今、知らなければいけない「重大な真実」を語るメジャーな人々(表)
     
今、知らなければいけない「重大な真実」を語るメジャーな人々(裏)
現代を予言したベストセラー小説「七次元よりの使者」
七次元よりの使者広告   五井野正

内容紹介

日本の一番の危機とは何か?
それは、危機であることをまったく知らされないでいることでしょう。
日本を覆うその闇を晴らす時か、あるいはその闇に完全に包まれてしまうのか、
日本は今、大きな岐路に立っています。
今から35年前にすでに原発事 故を予知していた五井野博士を中心に、
池田整治氏、滝沢泰平氏、増川いづみ氏らが語る「日本の危機と今後の行方」。
真実の情報が今明らかに!

◎ エリツィン元大統領は「日本人にはクリル(北方四島)を返さないが、五井野博士には返そう」と言った真実
◎ ロシアやラトビア、ウクライナでGOP(五井野プロシジャー)はガンに効く画期的な治療薬と してテレビ番組で特集
◎ フリーメーソンが世界の通貨の発行権と管理権を握って地球を支配していくには、私たちをモノとカネの奴隷にしておきたい
◎ イギリスの世界支配とともに広まった盗作と仮説のニュートン理論
◎ ケインズは「ニュートンは錬金術師で、近代科学者ではない。最後の魔術師だ」と言った
◎ 宇宙の真実を知っている世界の支配者たちは、アインシュタインもニュート ンの法則も信じていない!
◎ 宇宙は真空ではなく、エーテルで満たされている
◎ 3・11後に引き続き「核産業でカネを儲ける」と決めた人々
◎ 福島原発はメルトスル―したまま、1000万 ベクレルの放射能(ガンマ線)が出続けている!
◎ 内部被曝は世代を超えて人類を苦しめる
◎ 放射能汚染、ワクチン接種、発ガン性物質でDNAが破壊される
◎ 日本から富の収奪をするために江戸を完璧に否定した明治維新の真実
◎ 遺伝子操作によって、これからあらゆる細菌テロが起こる
◎ 食糧危機に備える用意を/放射能とエネルギー問題を解決するシステム
◎ 地球の気の元「水脈」を枯らす愚行
◎ ボストンマラソン爆破事件の真実
◎ 富士山噴火を想定した首都移転構想が着実に進行中!
◎ 富士山が噴火したら、どこに逃げればいいのか?

 「今、知らなければいけない
  『重大な真実』
 を語るメジャーな人々」
  浮世絵
知る権利が日本を守る!!
販売価格:1,700円+税  
   
     
 この本が広まらなければ日本は滅ぶ!?
     真の日本人ならばそれを許せないはずだ!!!
 
→ 『この本に対する出版妨害を勝手に監視する会』 ←
発足のお知らせ
1 この会は、会長をアルプス正本堂主人とし、事務局をアルプス正本堂事務所に置く。事務局長は会長が兼務する。
2 この会は、『重大な真実を語るメジャーな人々』の出版に対する流通、販売段階における常識を逸脱した不法、不当な妨害行為を監視して消費者の読む権利、知る権利を擁護する。
  また、同時にその著者に対するインターネット等のメディアでの、事実と異なる虚偽の誹謗中傷などの人権侵害行為も監視の主対象とする。
3 上記不法、不当な妨害行為と思われる事実を発見した者は、可能な限り証拠とともに、その事実を事務局まで通報されたい。
4 その通報は、アルプス正本堂ホームページ上の【お問い合わせ】の箇所に記載されたE-MAILによる。
5 上記出版(の)妨害、著者に対する人権侵害行為、脅迫及び暴力行為を認知した場合(それらの可能性が濃厚の場合を含む)、当監視する会の会長が会員である一般社団法人「人権擁護安全保障連盟」に対し支援を求める。
6 「この本に対する出版妨害を勝手に監視する会」は、アルプス正本堂主人が単独で運営するものであり、この会の活動に起因する結果の責任の一切は、アルプス正本堂主人に帰属する。
7 なお、 「この本に対する出版妨害を勝手に監視する会」やアルプス正本堂(主人)、スタッフの名を騙る虚偽やなりすましの勧誘、募金、案内等には十分に気をつけて下さい。
  この様な行為を発見した場合、第4項に記載された通報先まで速やかに連絡されたい。
  当監視する会の会長であるアルプス正本堂主人は、そのホームページ以外の一切の手段即ち電話、手紙、訪問、会合等で勧誘、募金、案内等は行いません。
  重ねて、アルプス正本堂主人等の名を騙った成り済まし行為には十分お気を付け下さい。

8 「この本に対する出版妨害を勝手に監視する会」の発足は、その時期をアルプス正本堂ホームページで後刻、公表する。

参 考

@ 「出版(の)妨害」とは杳として掴みどころが無いような概念で、インターネットで検索してもウィキペディアにも収録されていません。
私の見聞した例ですが次のような事柄が出版(の)妨害に該当するものと思われます。
● 出版した本が書店の場違いの本当の片隅に陳列されていた。
● ある週刊誌が、別の週刊誌の下に隠されるようにして陳列してあった。
● ある週刊誌の購入を求めたところ、市内の殆どの書店、コンビニエンスストアで「その週刊誌は売れないので置いていない」との店員の返答があった。その週刊誌は誰もが知っているメジャーなものでした。
A したがって、上記@のような事態に遭遇した場合、出版(の)妨害の疑いを持って事実をチェックして下さい。一軒の書店でその様な場合、別の書店に回って同じ様に対応をチェックして下さい。複数の書店で「その本は既に売り切れてしまった」「当店では取扱っていない」との返答が得られた場合、組織的な出版(の)妨害の疑いが濃厚です。すみやかに、事務局まで通報をお願いします。

↑ ページの上部へ

サイドメニュー

主人のブログ バナー

緊急告知・新着情報・お知らせ
バックナンバー

駒ヶ根風景

 古物営業法の規定に基づく表示
 1.氏名又は名称 アルプス正本堂
 2.許可公安委員会名 長野県公安委員会
 3.許可証番号 第481251300006号