趣旨「知行合一」

 「知行合一」と言う言葉があります。
 学ぶためには理論と実践が必要であり、また、学んで自分の人生や社会をより良い方向やレベルに改革出来なければ意味がありません。自然現象や社会現象は理解するには、演繹法と帰納法を駆使する必要があり、また、頭では分かったつもりでも足を動かさなければ体はそこに行けないから、現状を変革できないのです。
 今日の世相でいうと、大震災や富士山噴火を前に都会生活に閉じ込められたまま、日本に閉じ込められたまま、地球規模の気象異変を前に地球に閉じ込められたまま脱出できないと言う事、人間が本来の人間であることを忘れ、頭や体が誤った情報、知識や科学、道徳や宗教に洗脳されロボット化して真贋が反転した逆転層世界に収監されたままと言う事になります。
 このままでは、授精出来ない卵が孵化せずにやがては腐ってしまう様なものです。
 アルプス正本堂では、正しい本を読者の皆様に提供して、その対比によって読者が蔓延する誤った情報に気が付き、嘘を見破って逆転層の存在を認知して真贋力を得て、正しい道を歩まれんことを切に願うものですが、゛正しい本 ゛が仮に精子だとしても、孵化したヒヨコが檻に囚われてブロイラー化したり、獣に食べられたり迷子にならないように安全で正しい道を啓く必要があります。この゛正しい道 ゛正確に言えばそのスタート地点に相当するのがホームページで紹介するイベントなのです。道は既に開かれておりますが、その道に進むか否かを含め歩むのはもちろん皆様ご自身です。
 よくよく観察すれば、人間はバイオコンピュータであり自己プログラミング機能をしていますが、機能不全のプログラムを見つける診断ソフト、コンピューターウイルスを発見するワクチンソフトに相当するのが、゛正しい本 ゛であり、コンピュータを初期設定に戻して壊れたりウイルスに汚染されたプログラムを削除し、正しいプログラムをインストールして使いこなす行為が゛正しい道 ゛゛正道を歩む ゛と例えられます。
 いずれにせよ、アルプス正本堂から正しい本を購入し、その本を門(本門、別名「登龍門」)として皆様が正道を歩むための出発点たるべきイベント情報をお知らせします。

イベント情報

2013/10/01
 来る11月10日(土)に京都私学会館において、ロシア連邦国立芸術アカデミー名誉正会員である五井野正博士による「ゴッホの日本文字と、日本の未来の解決は浮世絵の中に?!」と題する芸術講座が開講されます。
 五井野博士による『月刊ザ・フナイ』の連載記事「科学から芸術へ」が間もなく終了し、いよいよ芸術の道に向けて実践編が始まるのかもしれません。演題中、「日本の未来の解決は浮世絵の中に」とはかなり意味深長な言葉ともとれます。浮世絵が今後の日本が直面するであろう幾多の困難な諸問題の解決のカギを握るのであれば、浮世絵を手にし、味わって学ぶことは必須なのではないでしょうか。そして、そこには宇宙への道が…。

終了したイベント

イベント情報

↑ ページの上部へ

サイドメニュー

主人のブログ バナー

緊急告知・新着情報・お知らせ
バックナンバー

駒ヶ根風景

 古物営業法の規定に基づく表示
 1.氏名又は名称 アルプス正本堂
 2.許可公安委員会名 長野県公安委員会
 3.許可証番号 第481251300006号